2010年05月18日

前宝塚市長、二審も実刑=「執行猶予あり得ない」―大阪高裁(時事通信)

 兵庫県宝塚市の公共事業をめぐる汚職事件で、受託収賄などの罪に問われた前市長阪上善秀被告(62)の控訴審判決公判が18日、大阪高裁であり、上垣猛裁判長は懲役2年、追徴金1100万円の実刑とした一審神戸地裁を支持し、被告側控訴を棄却した。
 上垣裁判長は「金銭に清潔なイメージを強調して当選した3日後にわいろを受け取り、市政に大きな混乱をもたらした責任は相当重い」と指摘。一審判決は不当に重いとして執行猶予を求めていた被告側主張を、「社会的実情から見れば執行猶予はあり得ない」と退けた。 

【関連ニュース】
空自技官、勤務中に現金収受=収賄容疑で基地捜索
贈賄側コンサル社長に有罪=宝塚市墓地整備汚職
安藤前知事側が上告=宮崎談合・汚職事件
安藤前知事、二審も実刑=宮崎談合・汚職事件
新設顧問に権限移管=元常務理事、現金受領継続目的か

<普天間>平野官房長官、500人規模部隊の受け入れ要請(毎日新聞)
諫早湾開門求め海上パレード=有明海沿岸4県の漁業者ら―長崎(時事通信)
「関西広域連合」設立同意案の提出見送りへ(産経新聞)
私が作った政倫審 出て理解が得られるなら(レスポンス)
<京都夫婦殺害>失跡の娘巡り口論 容疑の娘婿逮捕(毎日新聞)
posted by wb1u6uqcud at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。