2010年05月13日

ひこにゃん“年収”2400万円(産経新聞)

 7月から滋賀県彦根市の人気キャラクター「ひこにゃん」の図柄などの使用料を完全有料化するのに合わせ、彦根市は7日、徴収する使用料を商品の小売価格の3%にすると発表した。無料だった昨年のグッズの売上額は約8億円で、同程度の売り上げが続けば年間約2400万円の収益が見込めるという。

 ひこにゃんを商標登録している市はこれまで、市の事業などをPRしてもらうため無料使用を認めていたが、今年3月、市の貴重な財産として活用しようと有料化を決めた。

 ひこにゃんの図柄などを使う場合は今後、市の代理人弁護士と契約し使用料を支払う。使用料は商品の売上数でなく生産予定数に応じて決まるという。

 獅山向洋市長は「ひこにゃんはこれまでも市のために活躍してくれたが、もうひと頑張りしてほしい」と話した。

TBS社員をかたり詐欺(スポーツ報知)
【新・関西笑談】Salad City KOBE(1)(産経新聞)
酒飲み自転車でひき逃げ、会社員を書類送検(読売新聞)
B型肝炎訴訟、和解協議へ=勧告受け最終調整−政府(時事通信)
<コープかながわ>売れ残ったトンカツを冷凍し再び販売(毎日新聞)
posted by wb1u6uqcud at 18:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。