2010年02月22日

減収深刻な大阪府予算、“橋下流”改革も限界に(産経新聞)

 大阪府の22年度予算案は、前年度比85%にとどまった税収のダウンが深刻だ。とりわけ、大きなウエートを占める法人2税はピークの平成元年度と比べ4分の1。「収入の範囲で予算を組む」のが橋下徹知事の方針だが、支出を削っても収入が減るという状態だ。

 企業が集積する都市部の自治体は法人2税が主な財源。大阪も法人2税は長年にわたり最大の税収源だったが、今回は戦後初めて個人住民税、地方消費税に次ぐ3番目に転落した。

 不況は全国的な傾向だが、大阪は昨年の失業率が、それまでワーストだった沖縄県より悪化。法人2税の大幅減は、大阪が大都市としての力を失いつつあることを示したともいえる。

 橋下知事は「財政規律は守った」と今回の予算案を自己評価。2年連続で赤字を回避したことや、使い込んでいた減債基金への返済を始めるなど、財政再建へに向けた動きもあるが、国の交付金や府債に依存する体質は変わっていない。今回も職員のボーナスカットや府有地売却などで「財政危機を瞬間風速的にしのげた」(財政担当者)という状態で、まだ府の財政危機は続く見通しだ。

 こうした中、橋下知事が道州制や府市再編、広域連合など自治体改革を意識したメッセージを出すのは、大阪府だけの改革に限界を感じているからでもある。橋下知事は財政危機脱却のためには、自治体の仕組みを抜本的に見直すことが必要だと考えているのだろう。(河居貴司)

【関連記事】
「パーフェクトな予算」橋下知事が自画自賛
安全面さえ大阪府vs大阪市…市外の駅だけ転落防止柵なし
橋下知事「大阪の子供全員をUSJに連れて行きたい」と提案 府が実現性を検討
橋下流2年 遠のく財政再建、権限に限界も?
橋下知事「僕の役割は終わった」 国の案に伊丹廃港反映

派遣法案要綱、17日に諮問=社民党の主張は盛り込まず−厚労省(時事通信)
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か−宮崎(時事通信)
<鳩山首相>夫婦別姓制度「基本的には賛成」(毎日新聞)
<鴻巣市移動支局>ひな人形の街 人文字でPR 埼玉(毎日新聞)
<将棋>17日から王将戦・第4局(毎日新聞)
posted by wb1u6uqcud at 16:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

<民事再生法違反>特定債権者のみに弁済 容疑の数人逮捕へ(毎日新聞)

 ITシステム開発会社「トランスデジタル」(東京都港区、民事再生手続き中)が経営破綻(はたん)前に、一部の債権者に優先的に債務弁済したとして、警視庁組織犯罪対策総務課は同社社長(44)ら数人を16日にも民事再生法違反(特定債権者への担保の提供等)容疑で逮捕する方針を固めた。同法は特定債権者への不公平な弁済を禁じており、捜査関係者によると、同容疑での立件は初めて。

 トランス社は08年8月に新株予約権の発行で31億円を市場から調達したと公表したが、5日後に民事再生法の適用を申請しており、警視庁は資金調達の経緯や資金の流出先を解明するとみられる。

 捜査関係者らによると、トランス社は08年8月27日に31億円の資金調達を公表。その翌日に不渡りを出し、同9月1日に民事再生法の適用を東京地裁に申請、経営破綻した。ところが、トランス社の幹部らはその直前に債権者の男性に約1億数千万円を弁済し、一般債権者に損害を与えた疑いが持たれている。

 市場関係者によると、この男性はトランス社の子会社だったこともあるワイン輸入販売会社の実質的経営者とされ、トランス社に約3億円の債務保証をしていたという。

【関連ニュース】
<民事再生法適用申請>映画製作配給会社:シネカノンが民事再生法の適用申請
<民事再生法適用申請>ゴマブックス:民事再生法の適用を申請 ケータイ小説「赤い糸」など
<民事再生法適用申請>グローバルスポーツ:再生法を申請
<民事再生法適用申請>東建設:民事再生手続き開始
質問なるほドリ:法的整理って何?=回答・山本明彦

マタギ魂“受け継ぐ”鈴木芙由子、“獲物”メダルは一発必中(スポーツ報知)
加治前グラブ盗んだ男逮捕…車上狙い200件以上(スポーツ報知)
違反切符を破棄、消防士逮捕=シートベルト未装着−広島県警(時事通信)
【往復書簡】リクルート事件、2人のキーマン(産経新聞)
母親に暴行、死亡させる=殺人未遂容疑で58歳男逮捕−警視庁(時事通信)
posted by wb1u6uqcud at 11:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

<雑記帳>バレンタインにクジャクの羽プレゼント 福岡(毎日新聞)

 14日はバレンタインデー。福岡市動物園(中央区)は、この日来園した「おひとりさま」など先着100人に「幸運を呼ぶ」というクジャクの羽をプレゼントする。

 同園にはインドクジャクなど2種類、20羽のクジャクが飼育され、今が繁殖期の真っ最中。この時期のオスはメスに求愛するため、競うように美しい羽を広げる。

 彼氏、彼女がおらず「1人では動物園に行きにくい」人への応援企画。園側は「羽の力を借りて、次回はカップルで」。羽を目印に新たな出会いが生まれる?【鈴木美穂】

【関連ニュース】
今週の本棚・今週の執筆者:上野千鶴子さんほか
児童および幼児動物画コンクール:最高賞に美和台小6・井上さんら5人 /福岡

<首相偽装献金>元秘書の初公判は3月29日(毎日新聞)
「官僚支配を心配」=鳩山政権の現状を懸念−小沢氏(時事通信)
赤星元選手の野球チーム元選手、賠償請求を棄却 大阪地裁(産経新聞)
「目があった」中2が高校生を暴行、1カ月の重傷負わす(産経新聞)
ハウステンボス HISが支援決定(毎日新聞)
posted by wb1u6uqcud at 14:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。