2010年01月21日

小沢氏側、聴取応諾を回答=特捜部と日程調整−規正法違反事件(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、小沢氏側が東京地検特捜部に対し、任意の事情聴取に応じる意向を伝えたことが19日、関係者の話で分かった。弁護士を通じて同日回答し、日程調整に入ったとみられる。早ければ今週後半にも、聴取が実現する可能性が出てきた。
 事情聴取で特捜部は、陸山会の土地購入に充てられた4億円の原資や、政治資金収支報告書への虚偽記載の認識などについて、小沢氏に説明を求めるとみられる。 

石川容疑者事務所から水谷元幹部の名刺押収(産経新聞)
高速道 進化するSA・PA 快適な休憩設備、エコ重視の商業施設(産経新聞)
中堅ゼネコン、小沢氏側に“資金提供” パー券購入も出席ゼロ(産経新聞)
両陛下、交通安全中央大会にご臨席(産経新聞)
<三重現金輸送車襲撃>日通元社員に有罪判決 津地裁(毎日新聞)
posted by wb1u6uqcud at 16:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<自民党>青木氏が出馬表明 高齢批判に反論(毎日新聞)

 自民党の青木幹雄前参院議員会長(75)は18日、松江市で記者会見し、夏の参院選島根選挙区から5選を目指して立候補する意向を表明した。同党は参院選比例代表候補の「70歳定年」を定めるが、選挙区に定年はなく、執行部は近く青木氏を公認する。ただ、党内では衆院選の敗北を機に世代交代を求める声が出ており、山崎拓前副総裁(73)ら、比例代表で公認問題の決着が長引けば、党執行部批判が強まる可能性もある。【中田卓二、細谷拓海】

 青木氏の立候補は既定路線だったが、これまで進退を明らかにしていなかった。この日、党島根県連の選対委員会の推薦を受けて表明したのは、立候補に批判的な河野太郎国際局長らの世代交代論をかわす思惑もあるとみられている。

 会見で青木氏は「選挙区には70歳定年制はない。島根県は高齢県なので、私が第一線の中央政界で活躍すると、たくさんのお年寄りにも勇気をもたらすことになる」と高齢批判に反論した。自民党は07年に島根選挙区で議席を失っており、「どんなことがあってもこの1議席を守る」と決意を語った。

 青木氏は故竹下登元首相の秘書から島根県議を経て86年参院選で初当選。官房長官、党参院幹事長、党参院議員会長などを歴任し、与党時代には「参院のドン」と呼ばれた。

 青木氏を公認する一方で執行部は、衆院選で敗れた山崎氏や保岡興治元法相(70)の参院選比例代表へのくら替えは認めない方針だ。山崎氏が求めていた18日までに結論は出せず、宙に浮いた状態が続いている。

 青木氏と近く、比例代表での立候補に意欲を示す片山虎之助元総務相(74)の処遇も焦点だ。片山氏を70歳定年制の例外として比例代表で公認すれば、山崎氏との違いは説明しにくくなる。このため妥協策として片山氏に地元・岡山選挙区で再挑戦を促す案も浮上するが、同氏は比例代表にこだわる姿勢を変えていない。

 煮え切らない谷垣禎一総裁に対し小泉純一郎元首相は12日、「困ったときは原則に返れ。はっと目が覚めるような例外なら例外もあるだろう」と助言した。執行部は24日の党大会までに公認問題を決着させる考えだ。

【関連ニュース】
自民:山崎拓、保岡氏は公認せず 参院選比例で方針固める
参院選:山崎氏、参院選出馬の意思固く 自民執行部に苦悩
選挙:参院選 山崎拓氏らベテラン「出たい」 自民執行部、対応に苦慮
選挙:参院選 民主・広中氏くら替え 比例代表で立候補 /千葉
選挙:参院選 自民・中村氏、比例立候補へ 選挙区くら替え断念 /徳島

<器物損壊>墓石44基壊される 名古屋(毎日新聞)
日本一早咲きの桜、沖縄の寒緋桜が見ごろ(産経新聞)
<西松建設違法献金>裁判で窓口役の部長が実態などを証言(毎日新聞)
「25%減」を明記=地球温暖化対策基本法案−環境省(時事通信)
ハイチ地震、政府が500万ドル無償資金協力へ(読売新聞)
posted by wb1u6uqcud at 06:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。