2010年01月12日

百十四銀行事件 元支店長ら再逮捕 不正融資の立件総額9億円に(産経新聞)

 高松市に本店を置く百十四銀行の九条支店(大阪市西区)の不正融資事件で、大阪府警捜査4課は7日、回収の見込みがないにもかかわらず、さらに約1億5千万円を融資していたとして、会社法の特別背任容疑で、元支店長の木谷康敏被告(55)=別の特別背任罪で起訴済み=らを再逮捕した。不正融資の立件総額は8億9千万円に上る見通しになった。

 ほかに再逮捕されたのは、部下だった元課長代理、熊野宏昭(38)、融資先グループ会社の実質的経営者で元暴力団組員の小川哲生(40)の両被告=同。

 逮捕容疑は、木谷容疑者らは小川容疑者のグループ会社に返済能力がないと知りながら、平成20年1月23日、約1億5千万円を不正に融資し、同行に損害を与えたとしている。

 九条支店は小川容疑者側に、19年6月〜20年1月、約10億4800万円を融資し、府警はこれまでに約7億4000万円を不正融資として立件している。

 府警によると、これに対し木谷、熊野両容疑者は容疑を認め、小川容疑者は否認しているという。

【関連記事】
百十四銀の元支店長ら再逮捕 「脅されて融資」と供述 大阪府警
百十四銀不正融資で元支店長ら3人を起訴
百十四銀行事件 元支店長異動直前にも不正融資、2億円
当初から迂回目的か 紹介直後に融資開始 百十四銀行九条元支店長
信用調査ないまま元組員側に融資 百十四銀行事件

体育会系モバイル部
うーーーーー
競馬情報
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化
posted by wb1u6uqcud at 14:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。